〈歴史の「語り部」を探して〉被爆地で日本の加害を視る/長崎編


同級生たちとの別れを惜しむだけの旅行ではなく、学びの場があってはどうか―。そのような趣旨から、朝鮮学校では長いこと中級部の修学旅行先に、京都や奈良、沖縄など日本の戦争加害の痕跡が色濃く残る地や、朝鮮ゆかりの地に訪ねる傾向にある。今回紹介する長崎も、そんな学びのための場所であり、歴史的な要素が数多く詰まっていた。

再び長崎へ

長崎を初めて訪れたのは2019年3月のこと。東京外国語大と同志社大の大学院生らが企画したフィールドワークに同行取材するためだった。

2019年のフィールドワーク同行時、案内をしてくれた木村英人さんが見せてくれた高島の資料

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ