〈それぞれの四季〉「北朝鮮」蔑視・制裁と在日朝鮮人/金誠明


先日、留学同東京主催の特別展・シンポジウムを準備する過程で、ウリハッキョや在日朝鮮人に対する差別の問題について話し合う機会があった。

日本の学校に通う多くの同胞学生は生活の中で、「北朝鮮」差別から逃れるため、自らを「北朝鮮」と切り離すことを迫られる。私はあなたたちが蔑み、差別する「北朝鮮」の人々ではないと。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ