〈取材ノート〉こぼれ話③―勝訴判決の翌年


高校無償化訴訟弁護団の連載取材をするとき、弁護士たちはもちろんだが、その周辺の関係者たちから聞く話を、筆者はとりわけ大事に考えている。

学校、弁護団、支援者の三位一体を闘いの軸に据えた大阪弁護団と関連して、昨年夏に関西出張に出向いたときのこと。出張での最初の取材相手は「城北ハッキョを支える会」(09年結成)代表の大村和子さんだった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ