〈取材ノート〉師走の覇者


師走も半ばだ。

一説によると、12月は誰もが年の瀬を控えて気忙しく慌ただしくなる時期で、どっしり構えて読経をする師僧までも走り回らなければと思わせる程の多忙な月であるから「師走」なのだとか。なるほどよく言ったものだ。各地のさまざまな職場同様、本社編集局も年末の追い込みに年始企画の準備など、あわただしい日々を過ごしている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ