〈それぞれの四季〉書きたくなるような/姜詩那


「秋」という秋の季節は来なかったけれど、秋の「香り」はちゃんとやってきたなと思った、ある日の朝。

今この瞬間を日記に残しておきたいなんて、感性溢れる思いがぽんっと現れた。「あの頃」は毎日書いていたのに、今はどうしてあまり書かなくなったのかなという疑問が頭に浮かんだ。

その答えはすぐに、さらっと吹き抜けた冷たい風が囁いてくれた。あぁ、私はあの頃、辛くても幸せでも、日記を書きたくなるような日々を送っていたんだなと、その時は気づかなかった「素敵な一瞬」たちが温かく蘇った。

つまり、日記をあまり書かなくなったということは、心から残しておきたいと思える日々を送れていないのかな、なんて少し寂しくなったけれど、もしかすると怒涛の日々の中で、その一瞬一瞬を私が見逃しているだけかもしれないなと、はっとした。

当たり前のように毎日が過ぎていくけれど、きっとその中に自分にしか過ごせない一瞬が詰まっている。それは、日記に書きたくなるような特別な一瞬のはずだから、見逃さずに残していきたいななんて思った、秋の香りに包まれた冬の風が吹くそんなある日の朝。

それぞれの四季、これが私にとって最後の投稿。読んでいる方たちも、日記を書きたくなるような日々を送ってほしいなという思いを込めて。

(和歌山県在住/児童発達支援施設職員)