〈取材ノート〉こぼれ話②―知らなかった「共通点」


「隣人であり友人の自分が、これからもつなぐ役割を果たしていきたい」

無償化裁判を終えて、弁護団の一員だった青木有加弁護士は、そう抱負を語っていた。

かのじょが取材中に語った逸話のなかには、興味深い話があった。それは、現役の朝高生たちが原告となった前代未聞の司法闘争に携わる過程で見えた「共通点」についてだ。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ