〈民族教育と朝鮮舞踊 3〉朝鮮舞踊との出会い、大音楽舞踊叙事詩


朝鮮舞踊と私(1)

朝大創立10周年公演を見に(右から3番目が筆者、神奈川中高舞踊部時代)

私は1959年に母校、横浜初級に入学した。朝鮮幼稚園が無かった時で、ハルモニ(1世)は入学式の日に私を負ぶってハッキョに行き、校長先生に入学させてくれるよう頼んだという。5歳3カ月、まる1年早い上、早生まれでの入学であった。4年生からは「コマ(ちびっこ)歌舞団」の司会や少年団祝賀団など、ウリマル口演によく出演し、盛んであった合唱部に属して芸術競演大会には独唱と合唱に出場した。そして、神奈川中高の中級部の時、親友に誘われて初めて舞踊部に入り、朝鮮舞踊を習い始めた。

中2の時、朝鮮大学校創立10周年記念公演を舞踊部全員で観覧したが、朝大生が造ったという講堂がとても大きく見えた。その公演が、日本での叙事詩上演の布石となった。朝大卒業後、映画部の部室で偶然にもその時の記録写真を見つけ、今でも大切に持っている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ