歌、小説が照射する朝鮮社会/「文化としての社会主義」第6回研究会


朝大教員が発表

「文化としての社会主義」第6回研究会が2月27日、オンラインで開催された。科研費基盤(B)「文化としての社会主義:北東アジアとDPRK」が主催し、朝鮮大学校朝鮮問題研究センター朝鮮文化研究室が共催した同研究会では、朝大文学歴史学部助教の金真美、洪潤実の両氏が報告した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ