Facebook

SNSで共有

〈そこが知りたいQ&A〉党中央委総会で何が決まったの?

自力更生で正面突破、基本は経済/朝米膠着状態の長期化、内部の力強化

昨年12月28〜31日に開催された朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会に関する報道が1月1日に発表された。金正恩委員長は総会の1番目の議案「現在の内外情勢の下でわれわれの当面の闘争方向について」に関する報告を7時間にわたって行い、最終日には結語を述べた。その内容をQ&Aで見る。

今回の総会でどのようなことが決まったのか。

金正恩委員長は、現在の情勢と発展する革命の要求に即して正面突破戦を展開するという革命的路線を示した。

金正恩委員長は報告で、敵対勢力の制裁と圧迫を無力化し、社会主義建設の新たな活路を切り開くための正面突破戦を強行することが「時代の課題」だとし、われわれが自らの威力を強化し、自力更生、自給自足の高貴な財産をより多く創造するほど敵はよりいっそう大きな苦悩に陥り、社会主義の勝利の日はそれだけ早まると、その意義を強調した。

そして「われわれの前進を妨げるあらゆる難関を正面突破戦によって切り抜けていこう!」というスローガンを提示した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)