〈朝鮮のトップアスリートたち 5〉ソン・ヒャンミ/バレー


多彩な攻撃をもつ名アタッカー

1970年世界選手権、72年ミュンヘン五輪で銅メダルに輝き、70年代、黄金期を迎えた朝鮮の女子バレー。国際舞台からその姿が消えて久しいが、近年、朝鮮チームが国際大会で相次いで順位圏に入り、その存在感を増している。背景には、若手選手の台頭があった。

第3回アジアU23女子選手権のオーストラリア戦でスパイクを打つソン・ヒャンミ(写真はいずれもアジアバレーボール連盟HP)

国内の強豪チームで知られる平壌体育団の主力選手として活躍するソン・ヒャンミ(21)もその一人だ。ソンは、

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ