大阪のオモニたちの闘い、「立ち上がるのは今」


「無償化」除外、補助金カット、「見えない差別」の助長

大阪府と市は、これまで変わらず支給されてきた朝鮮学校に対する補助金を2011年度に全てカットするという暴挙に出た。

2010年、当時の大阪府の橋下知事は補助金支給のための「4要件」を突然提示し、それを満たしていないという理由で大阪朝鮮高級学校の補助金を停止。また2011年度には松井知事がさらなる要件を突きつけ、すべての朝鮮学校に補助金を支給しないという決定を下した。さらに大阪市長となった橋下市長は2011年度に府の補助金対象でない朝鮮学校には補助金を支給しないと決定。この結果2009年度に府が1億2,100万円、市が2,650万円支給していた朝鮮学校への補助金は2011年度には0となった。

補助金のカットにより学校運営がいっそう厳しくなった状況の中、大阪のオモニたちは民族教育を守り抜こうという一心で闘いを続けている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ