〈若きアーティストたち 68〉チェリスト・任炅娥さん


童話「セロ弾きのゴーシュ」(宮沢賢治著)でおなじみのチェロ(セロ)。

弦楽器の中では一番音域が広く、力強さと甘美な音色を兼ね備えた楽器である。柔かく優雅な音を奏でるソロ楽器として、アンサンブルでは深く響く低音で他のパートを支える重要な役目を担う。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ