群馬で強制連行犠牲者追悼集会


「和解の構図」ここから

日本の植民地支配下で強制連行され、炭鉱や軍需工場で働かされたあげく、群馬県内で犠牲となった朝鮮人を追悼する第3回追悼集会が22日、群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」の敷地内に建てられている「記憶 反省 そして友好」の追悼碑前で行われた。同胞、日本人ら約100人が参列し犠牲者を追悼した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ