Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » 在日発・地球行2

〈在日発、地球行・第2弾 13〉代えがたい豊かさ/ラオス

〈在日発、地球行・第2弾 13〉代えがたい豊かさ/ラオス

幾重の悲しみを乗り越え 「一緒に不発弾処理現場に行こう」。その言葉が何度も頭の中を駆けめぐる。昨夜に杯を交わした不発弾処理機関UXOラオの所長の提案は、酒に酔った勢いか、それとも本気か。半信半疑のまま [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 12〉癒えぬ戦争の爪痕/ラオス

〈在日発、地球行・第2弾 12〉癒えぬ戦争の爪痕/ラオス

不発弾と暮らす人々 ラオス北部の町ポーンサワンにやってきた。家々を囲む柵やレストランの店先を飾るオブジェ、はたまた鮮やかな花を咲かす植木鉢まで、生活のいたるところにクラスター爆弾の大きな弾体が活用され [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 11〉海を渡れば「普通のこと」/ラオス

〈在日発、地球行・第2弾 11〉海を渡れば「普通のこと」/ラオス

多分野で絶えまない交流 正式名称:ラオス人民民主共和国。首都:ビエンチャン。人口:705万人。面積:23万6800平方キロメートル(朝鮮半島の約1.1倍)。言語:ラオ語。民族:ラオ族(全人口の約半数以 [...]…

〈取材ノート〉ベネズエラ人の「朝鮮観」

〈取材ノート〉ベネズエラ人の「朝鮮観」

「在日発、地球行・第2弾」ベネズエラ編では3回にわたって同国の情勢を紹介したが、ここで、現地の国民が抱く「朝鮮観」について簡単に触れたい。 距離にして約14,000 km離れている朝鮮とベネズエラは反 [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 10〉自分たちの運命は、自分たちの力で/ベネズエラ

〈在日発、地球行・第2弾 10〉自分たちの運命は、自分たちの力で/ベネズエラ

美しく、熱く、尊い記憶 赤茶けた断崖と青々とした樹木。山間部を縫うように清流が流れている。空には雲一つない。「美しいだろ?」。カラカス出身のカルロス(42)は観光客なのに自慢気だ。風光明媚なメリダの丘 [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 9〉いまだ革命の途上に/ベネズエラ

〈在日発、地球行・第2弾 9〉いまだ革命の途上に/ベネズエラ

「世界一」がもたらすもの 首都カラカスのバスターミナル。差し出した50ドル紙幣を念入りに確かめるチケットカウンターのスタッフが一言。「フェイクだ」。彼の説明通りに光にかざすと、真札にあるはずの刻印が、 [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 8〉治安の悪さは世界一!?/ベネズエラ

〈在日発、地球行・第2弾 8〉治安の悪さは世界一!?/ベネズエラ

正式名称:ベネズエラ・ボリバル共和国。首都:カラカス。人口:3102万人。面積:約91.2万㎢(朝鮮半島の約4.1倍)。言語:スペイン語。民族:国民の約51.6%が混血。白人約43.6%、黒人約2.9 [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 7〉抑圧と困難を生き抜く/キューバ

〈在日発、地球行・第2弾 7〉抑圧と困難を生き抜く/キューバ

「大丈夫、我々は負けない」 「友好、連帯、尊厳。キューバの人々と朝鮮の人々を結び付けるもの」。11月初旬、キューバ共産党の機関紙「グランマ」は、同国国家評議会議長の朝鮮訪問を冒頭のタイトルの記事で紹介 [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 6〉幾人もの「同志」現る/キューバ

〈在日発、地球行・第2弾 6〉幾人もの「同志」現る/キューバ

地球の裏側で半世紀以上をともに 1960年8月に外交関係を結んだ朝鮮とキューバは反帝国主義、社会主義という共通の理念のもとで友好親善を深め、いかなる時もともにあり続けてきた。ゆえに、ハバナの海岸沿いで [...]…

〈在日発、地球行・第2弾 5〉今も息づく先代の精神/キューバ

〈在日発、地球行・第2弾 5〉今も息づく先代の精神/キューバ

“Viva La Revolución!”(革命万歳!) いつかは行ってみたかった。カリブ海に浮かぶ社会主義国、キューバへ。帝国主義大国の支配から独立を成し遂げ、アメリカの経済制裁を受けてなお、国際社 [...]…

p. 1 / 212