Facebook

SNSで共有

“対話の条件は要求の全面肯定”/朝鮮外務省顧問が談話

朝鮮中央通信によると11日、朝鮮外務省の金桂官顧問が談話を発表し「朝米間に再び対話が成り立つには、米国が、われわれが示した要求事項を全的に肯定する条件でのみ可能だと言えるが、われわれは米国がそのようにする準備ができておらず、またそのようにすることもできないということをよく知っている」としながら、「明白なことは、今後再びわれわれが米国に騙されて、かつてのように時間を無駄にすることは絶対にないということである」と主張した。

談話は、金正恩委員長への誕生日のメッセージを

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)