Facebook

SNSで共有

「残ったのは米国の選択」/朝鮮外務省米国担当次官が談話

朝鮮中央通信によると、朝鮮のリ・テソン外務次官(米国担当)は3日、談話を発表し、米国に対して年末までに対朝鮮敵視政策の撤回を求めた期限が迫る中、「今残ったのは米国の選択であり、クリスマスプレゼントに何を選ぶかは全的に米国の決心次第だ」と警告した。

談話は、米国が朝鮮の先制措置に応えて動こうとはせず、いわゆる「持続的かつ実質的な対話」を云々して自らに必要な時間稼ぎに執着していると指摘。米国が主張する「持続的で実質的な対話」は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)