Facebook

SNSで共有

金丸信吾さんに聞く/“訪朝は日朝友好の道筋” “国交正常化、泥かぶる覚悟で”

故金丸信副首相生誕105周年に際した訪朝団(14~19日)を団長として率いた金丸信吾さんに、訪朝に込めた思いや今後の朝・日関係について聞いた。(まとめ・金宥羅)

―訪朝の経緯について。

平壌でインタビューを受ける金丸信吾さん

金丸信生誕105周年を記念して、日朝の友好親善を進めるべく企画した。第一のコンセプトは「百聞は一見に如かず」。日本人にとって、朝鮮=拉致というイメージが先行し、行ったこともない朝鮮に対して、拒絶反応が強い。できるだけ多くの人に先入観なしに朝鮮を知ってほしいという思いで、初訪朝者を多く募ったところ、参加者61人中43人が初めて朝鮮を訪問する運びとなった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)