Facebook

SNSで共有

戦闘機納入問題で南を非難/朝鮮外務省米国研究所の室長談話

対応措置として特別兵器開発に言及

朝鮮外務省米国研究所の政策研究室長は、南朝鮮当局が3月に続いて7月中旬にまたもや米国からステルス戦闘機F35Aを2機納入しようとしていることと関連し、11日、談話を発表した。

談話は、「見えない殺人兵器」とも呼ばれるF35Aの納入が地域で周辺諸国に対する軍事的優位を保障し、特に朝鮮半島有事の際に北侵の「大門」を開くところにその目的があることは疑う余地もないとし、これにより、南朝鮮当局は相手側を狙った武力増強を全面中止することについて明白に規制した「板門店宣言の軍事分野履行合意書」に正面切って挑戦したと非難した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)