Facebook

SNSで共有

〈特集・E-1選手権〉「共にする」素晴らしさ/真剣勝負が生んだ理解とリスペクト

公式練習で笑顔を浮かべる男子選手たち

「ベールに包まれた北朝鮮代表」

「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会」が近づくにつれマスコミは過剰に騒ぎ立てた。  12月5日、羽田空港に到着した朝鮮代表を待ち構えていたのは歓声をあげる同胞たち、その奥に目を向ければ仰々しい数の取材陣。公式練習でも選手たちの一挙手一投足に多くのカメラが向けられていた。国際情勢の緊張感と朝鮮代表に関する情報量の少なさが相まって、全体像の一部だけが切り取られニュース上にはネガティブな情報が踊った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)