Facebook

SNSで共有

〈人・サラム・HUMAN〉北海道初中高教育会顧問、写真愛好家/朴一針さん

皆が驚く趣味を持つこと

札幌オリンピック翌年の1973年から北海道初中高で教壇に立ち、同校で16年間校長を務めた。「ここでは6歳から寮生活が始まる。親御さんから預かった子どもたちを初・中・高12年間育てるんだ。勉強だけじゃない。病気にかかるのも背が伸びないのも目が悪くなるのも学校の責任」。

朴一針さん

そんな責任重大な教員の仕事をまっとうする中、いつかラジオから流れたこんな言葉が耳に留まった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)