Facebook

SNSで共有

〈奪われた朝鮮文化財・なぜ日本に 23〉石造物を起重機で破壊、中の舎利塔を奪う

バラバラに解体、ダイナマイトも使用

石窟庵の優雅な五重小塔は今もってその所在がつかめずにいる。中村が「某氏の邸宅」とあいまいな表現で、小塔の所在を推測しているが、曽禰の邸宅である節が強い。統監府時代に外事局長だった小松緑は、曽禰が胃癌と宣告され、統監を辞任したのち「湘南の邸宅で死を待つのみの気の毒な状態」と著書に記している。ひょっとしたらその邸宅に置いてあったのかも知れない。または曽禰は某財閥の娘婿ということからして、死後、財閥の秘蔵物として庭園の奥深くにしまわれているかも知れない。いずれにしても醜い所業である。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)