公式アカウント

<ワールドオピニオン>NKニュース、デイリーNKの正体/カヴァートアクション・マガジン

CIAが流すフェイクニュース   英国のニュースサイト「カヴァートアクション・マガジン」は6月13日、「帝国のフェイクニュースマシン」と題して、朝鮮を悪魔化するフェイクニュースサイトをCIA…

<ワールドオピニオン>米国に乗っ取られたG7/カウンターカレンツ

BRICSの時代が加速化   インドに拠点を置くニュースサイト「カウンターカレンツ」は6月14日、「G7、BRICSに敗れる」と題する署名入りコラムを掲載した。以下は要旨。

〈世界は今 –在日外国人活動家の視点–(下)〉ジョセフ・エサティエさん

帝国主義の罪、戦争の嘘に目を 激動する国際情勢の中、米国と西側の覇権戦略に反対し、反戦平和を訴える活動が日本でも繰り広げられている。外国人活動家たちの声を紹介する本連載の2回目は、反戦NPO団体「ワー…

〈世界は今 –在日外国人活動家の視点–(上)〉タスニム・カコラさん

反米・反イスラエル、秩序転換の一歩に 激動する国際情勢の中、米国と西側の覇権戦略に反対し、反戦平和を訴える活動が日本でも繰り広げられている。本連載では、草の根レベルの活動に取り組む外国人活動家たちの声…

<ワールドオピニオン>ICC検察、ネタニヤフ首相の逮捕状申請/WSWS

ICC検察、ネタニヤフ首相の逮捕状申請 容疑はガザの民間人「殺害」「絶滅」   WSWS(世界社会主義ウェブサイト)は5月20日、国際刑事裁判所(ICC)検察官がネタニヤフ首相をパレスチナの…

<ワールドオピニオン>ブリックス+:新世界秩序への道/ブリックス・ポータル

ブリックス+:新世界秩序への道 西側一極世界に取って代わる BRICSの広報サイトである「ブリックス・ポータル」は、21日、「ブリックス+:新世界秩序への道」と題するツワネ工科大(南アフリカ)イノベー…

<ワールドオピニオン>ウクライナ戦争はすで敗北している/フォックス・ニュース

米国のニュース専門放送局である「フォックス・ニュース」は4月18日、ウクライナ戦争は敗北しているが、ハリウッドと米国の首都・ワシントンDCはそれに気づいていないという内容の番組を放送した。以下は要旨。

<ワールドオピニオン>米国がパレスチナの国連加盟申請を阻止/グローバルリサーチ

国際的に知られている情報サイト・グローバルリサーチは4月22日、米国がパレスチナの国連加盟申請に拒否権を行使した事実の意味を解説する署名入りコラムを掲載した。以下は要旨。

〈さくっと解説~知識の源Q&A〉劇症型溶血性レンサ球菌感染症って何?

多様・複雑化する昨今の日本社会で、相互理解の前提となる知識や認識の積み重ねは、一層その必要性を増している。【企画】知識の源Q&Aでは「社会を知る~今週のnewsトピック~」(本紙毎週月曜日号)と関連し…

<ワールドオピニオン>ニカラグアがドイツをICJに提訴/イレクトロニック・インティファーダ

独立系メディア、イレクトロニック・インティファーダは、3月25日、「ドイツ、ハーグでガザ虐殺の罪に問われる」と題する署名入りコラムを掲載した。以下は要旨。

<ワールドオピニオン>NATO軍参戦は最大の戦争につながる/ロシア・タイムズ

ロシア・タイムズは、3月22日、「ウクライナに駐留する西側諸国軍:大きな嘘が最大の戦争につながる可能性」と題する署名入りコラムを掲載した。以下は要旨。

東アジア市民連帯が外務省へ要請

自衛隊は米韓共同訓練参加の即時中止を フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)、日韓民衆連帯全国ネットワーク(日韓ネット)など日本の市民団体で構成する東アジア市民連帯の代表らは13日、衆議院第二議…

〈本の紹介〉冷戦史(上・下)青野利彦

現在を歴史の流れの中で俯瞰する 冷戦終結から30余年が経つが、それは断絶された過去ではない。わたしたちの目の前で生じている国際問題もあの時代とつながっている。 冷戦期にも「冷戦史」の研究はあった。当時…

〈本の紹介〉生成AIで世界はこう変わる/今井翔太著

激変する世界で見出す人間の価値

<ワールドオピニオン>イスラエルがガザ併合計画を公然化/WSWS

WSWS(世界社会主義ウェブサイト)は2月24日、「ネタニヤフ首相、イスラエルの事実上のガザ地区併合計画の概要ウを発表」と題する署名入りのコラムを掲載した。以下は要旨。

<ワールドオピニオン>対ウクライナ、無駄な軍事支援/インフォブリックス

ブリックスの情報サイトである「インフォブリックス」は2月26日、「ウクライナの汚職事件を調査する国防総省」と題するジャーナリストの記事で、ウクライナの腐敗ぶりを暴露した。以下は記事の全文。

<ワールドオピニオン>世界が米国の本質を目撃した年/戦略的文化財団

ロシアのウエブサイト「戦略的文化財団」は昨年12月22日、「2023年―裸のグロテスクな米国皇帝を世界が目撃した年」と題する記事を掲載した。以下は要旨。

<ワールドオピニオン>ガザは欧米主導の世界秩序の墓場/アルジャジーラ

カタールのメディア、アルジャジーラは1月17日、「ガザは欧米主導の世界秩序の墓場となる」と題するに署名入りコラムを掲載した。以下は要旨。

ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会・与那覇恵子氏に聞く

反戦運動に再決起、“加害者にならない” 現在沖縄では辺野古新基地建設、自衛隊の南西諸島配備に反対する反戦運動が展開されている。ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会メンバーとして、沖縄の反戦運動に取り組む与那覇恵…

“不屈の精神を受け継ぎ、平和な未来を”/沖縄の反戦運動は今(下)

昨年11月23日、沖縄で行われた県民平和大集会では、1万人を超える人々が結集し、若者から高齢者まで幅広い世代が共に米軍基地にNOを突き付け、沖縄を再び戦場にさせない意志を表明した。特に、若い世代にとっ…