人気上昇中のアイスクリーム/朝鮮初の専門工場で開発、高水準の味と質を提供


人気上昇中のアイスクリームは豊富なラインナップが揃っている

昨年1026日に竣工した大城山アイスクリーム工場(平壌)の製品が人気を博している。同工場は、朝鮮で初となるアイスクリームを専門に生産する工場で、それ以外にもジュースや炭酸飲料など30余種60余の製品を生産している。

同工場のアイスクリームは、イチゴ、ブルーベリー、モモなどのフルーツテイストのほか、ミント、チョコレート、キャラメルなど多彩なフレーバーが揃っている。飲み物も、モモ、オレンジ、イチゴのジュース、リンゴ味、オレンジ味のノンシュガー&ノンカロリー炭酸飲料、コーヒー味、モモ味、パイナップル味のミルクなど、ラインナップが豊富だ。

これら「大城山」ブランドの製品を口にした人々は、他社のアイスクリームや飲み物と比較すると、「味」と「質」の両面で新しく、かつ特徴的であると口を揃える。とりわけ、アイスクリームは評判が高い。人気の秘訣は、高品質の天然原料を使い、味が濃く、それでいて栄養価が高い製品を生産することにある。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ