季節の変化に即して防疫強化/平壌で防疫関連の展示会も


朝鮮中央通信によると、朝鮮で季節の変化に対処したさまざまな疫学的対策を先を見通して立て、安定的な防疫推移を維持している。

季節の変化に対処したさまざまな疫学的対策を立てている

11月20日発の同通信は、平壌の商業サービス施設で防疫活動をいっそう強化していると報じた。

平壌第1百貨店では、来客に対する体温測定と手指消毒を責任をもって行い、カートやエスカレーターなどの消毒に力を入れている。また、商品の購入から保管、販売に至るすべての工程で防疫規律を厳格に順守している。

大聖百貨店、普通江百貨店でも各所に大型スピーカーを設置し、防疫活動に対する呼びかけを積極的に行うとともに、換気をよくして常に清潔な空気が流れ込むようにしている。

また27日発の同通信は、各種の呼吸器疾患の発生と拡散を未然に防止し、患者を随時把握し、迅速な治療対策を立てていると伝えた。

治療・予防機関では、インフルエンザと扁桃腺炎などの呼吸器疾患の発生を防止すると同時に、消毒とマスク着用をはじめとするすべての防疫活動が徹底的に順守されるよう努めている。

一方、「全国防疫・保健部門科学技術発表会および展示会―2022」が22日、平壌で開幕し、防疫活動と医療活動における成果と経験などが発表されている。

(朝鮮新報)