海を超えた連帯で、世界に声を/金曜行動に230人、南朝鮮や米国から参加


25日、朝鮮学校への高校無償化適用を求めて文科省前で行わている「金曜行動」には東京中高の高級部生徒と教員、保護者などの同胞たち、「朝鮮学校『無償化』排除に反対する連絡会」のメンバーらをはじめとした日本市民らが参加したほか、南朝鮮の農民や大学生らを中心とした「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会(市民の会)第16次訪問団」、米国の大学教授や学生らによる「米国平和学術代表団」も駆けつけ、計230余人が朝鮮学校への差別反対を叫んだ。金曜行動に先立っては、女性同盟、在日本朝鮮人人権協会、無償化連絡会、市民の会訪問団、米国平和学術代表団などのメンバーらが文部科学省への要請を行った。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ