理解の積み重ねで未来に希望を/大阪中高一般公開授業、70周年記念事業の一環で


一般公開授業の様子

大阪中高の一般公開授業が19日、同校で行われ、議員らを含む110人の日本市民が参加した。今年、創立70周年を迎えた同校では、文化祭(6月25日)や記念祝賀宴(9月22日)、体育大会(10月2日)など年度を通して70周年記念事業を行っている。公開授業も記念事業の一環で行われたもの。地域の日本市民らに朝鮮学校の存在と、その置かれた現状をありのまま知らせることによって、同校70年の歴史をより広範な人びとと共に輝かせることを目的に据えた。

公開授業は、同校と「高校無償化連絡会・大阪」との共同主催の形式で行われた。主催者らは、地域の教職員組合をはじめ、各階層の個人・団体に訪問を呼び掛ける一方、さまざまな集会に出向いて公開授業の宣伝に努めた他、インターネットを通しても積極的に情報を共有した。結果、多くの初来校者を募ることとなった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ