〈学生中央体育大会2022・高級部サッカー〉神戸朝高が19年ぶりV


中央体育大会の全日程が終了

優勝をはたした神戸

2022年度在日朝鮮学生中央体育大会の高級部サッカー競技が15~17日に静岡県の時之栖スポーツセンターで行われた。

8チームが出場した大会は、予選リーグ、決勝トーナメント形式で優勝を争った。予選リーグ、ㄱ組は東京、愛知、広島、九州に、ㄴ組は神奈川・茨城・北海道合同、大阪、神戸、京都の組み合わせとなった。

2日間にかけて行われた予選リーグの結果、準決勝は東京(ㄱ組1位)対京都(ㄴ組2位)、神戸(ㄴ組1位)対広島(ㄱ組2位)の対戦となった。

東京と京都が対戦した準決勝は、京都が先制点を挙げたものの、今大会予選リーグで唯一全勝している東京が高い得点力を発揮し、3-1の逆転勝利で決勝に進出。一方で神戸と広島の準決勝はスコアレスドローのPK戦の末、神戸が決勝に駒を進めた。

決勝は大会3連覇を狙う東京と2003年大会以来の優勝を目指す神戸が激突した。

前半、神戸はディフェンスで

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ