文科省に差別是正を要求/南の市民の会が3年ぶり


南朝鮮の市民団体であるウリハッキョと子どもたちを守る市民の会(市民の会)のメンバーを中心に構成された訪問団が来日し、4日、参議院議員会館で文部科学省の担当者と対面し、朝鮮学校に対する差別を撤廃するよう求めた。訪問団の来日は約3年ぶり、15回目となる。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい