第44回「コマチュック」、10日に開幕


3年ぶりに育成部門も

「第44回在日朝鮮初級学校中央サッカー大会」(コマチュック大会、主催=在日本朝鮮人サッカー協会)が、10~12日に大阪の堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターで行われる。今年は3年ぶりに本選とともに、育成部門も行われる。本選部門には24チームが、育成部門には16チームが出場する。

本選はリーグ&トーナメント方式で、3チームずつ8つのブロックに分けられ、それぞれリーグ戦を戦ったあと、1位、2位の上位4チームが1部に、2位の下位4チームと3位が2部に進出する。44回大会の覇者を決める1部決勝戦は12日の13時頃から行われる予定だ。

育成は4チームずつ4つのブロックでリーグ戦を行い、上位2チームが上位リーグ(トーナメント)に下位2チームが下位リーグに進む。

昨年の43回大会では決勝で東京第1をくだした生野が2年ぶり6回目の栄冠に輝いた。各地の朝鮮初級学校に通う「コマチュック選手」たちの集大成となる今大会。懸命にボールを追いかけ、ゴールをめざす子どもたちの活躍が期待される。

(全)