【1報】練習成果を存分に/第54回在日朝鮮学生中央芸術コンクール


声楽部門 九州中高 高級部カヤグム併唱

第54回在日朝鮮学生中央芸術コンクールが3日~4日にかけて、東京朝鮮文化会館をはじめとする都内施設で行われた。各地の朝鮮学校生徒たちや指導教員、同胞、保護者らが参加した。

舞踊部門 セッピョル(茨城群馬合同)中級部

学生中央芸術コンクールは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、昨年、感染対策をしながら2年ぶりに行われた。今年もコロナ禍の中、生徒たちの発表の場が実現した。

洋楽器部門 神奈川中高合奏

大会では、声楽、民族器楽、洋楽器、舞踊など4部門に合計141演目が披露された。生徒たちは日々の練習成果を存分に発揮し、喝采の拍手を浴びた。

民族器楽部門 東京中高合奏

(朝鮮新報)