「そうめん流し」に籠る思い/四国初中と日本の友人たち


暑い夏、冷えたそうめんののど越しは、酷暑の気だるさも瞬時に癒してくれる。各地の朝鮮学校や同胞コミュニティー、家庭でも、この時期のそうめんは特に人気のメニューだろう。四国初中では「そうめん流し」が夏の恒例行事となっている。10年来の「そうめん流し」は、愛媛県の日本市民たちからなる「四国朝鮮学校の子どもたちの教育への権利実現・市民基金」(市民基金)のメンバーたちによるもてなしだ。(李鳳仁)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ