40年の記者活動を回顧/HOWSで琴基徹さんが講演


本郷文化フォーラムワーカーズスクール(HOWS、東京・文京区)で6日に行われた講座で、本紙元記者で長年月刊『イオ』編集長を務めた琴基徹さんが40年にわたる記者活動を振り返った。「在日同胞社会をみつめて―記者活動40年のなかで」と題した講座では、一貫して日本の公教育を受けた琴さんが総聯の出版言論部門の活動家となり、記者として同胞社会と北南朝鮮、日本社会を見つめてきた多年の経験と思いが語られた。大学時代からの友人であるHOWS事務局の土松克典さんがコーディネーターを務め、対談形式で行われた。

講演する琴基徹さん(右)とコーディネーターの土松克典さん

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ