オミクロン株流入経路を解明/江原道金剛郡で“目新しい物と接触”


国家非常防疫司令部が6月30日に公表した調査結果によると、新型コロナウイルス感染症のオミクロン株が江原道金剛郡伊布里で見つかった「目新しい物」から国内に流入したことが判明した。朝鮮中央通信が伝えた。

国家非常防疫司令部では、4月末から原因不明の熱病が全国で拡大し、オミクロン株の国内発生が確認されて以降、初期発病地と拡散ルートに関する調査を進めてきた。

調査の結果、4月中旬頃、伊布里地域で平壌に上京していた数人の間で発熱症状が現れ始め、かれらと接触した人々の間で発熱者が急増したことと、伊布里地域で初めて発熱者が集団的に発生したことが提起された。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ