新規発熱者4千人台に/朝鮮の防疫状況


集団免疫程度の実証へ

朝鮮中央通信が伝えた国家非常防疫司令部の通報によると、全国的な一日当たりの新規発熱者数が4千人台まで減った(6月29日)。6月24日には1万人台を切り、発熱者数は徐々に減っている。6月29日18時から24時間の間に発生した発熱者は前日比160人減の4570余人で、5690余人が全快した。

4月末から6月30日18時現在、全国的な発熱者は474万4430余人で、そのうち473万6220人が全快し、8130余人が治療を受けている。現在までの死者は累計73人。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ