穀物生産構造、鉄道運輸など/『季刊 朝鮮経済資料』2022年第2号


『季刊 朝鮮経済資料』(発行=KAN経済研究所)2022年第2号が発行された。昨年末の朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で示された新たな農村建設綱領における課題であるトウモロコシ農業をできるだけ制限し、稲作と小麦、大麦の栽培に方向転換する方針や近年まで具体的な言及がなかった鉄道運輸部門における注文契約など、4つのコンテンツを扱っている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ