〈今月の映画紹介〉失われた時の中で/坂田雅子監督


戦争の傷跡と向き合う

「今月の映画紹介」では、上映中または近日公開予定の注目映画を、月に1度、紹介します。

©️Joel Sackett

本作は、夫の急逝をきっかけにベトナムの各地を回った女性が、戦争の被害に苦しむ人びとの暮らしと思いを映像に納めたドキュメンタリー。

米兵としてベトナム戦争に派兵され、戦後はフォトジャーナリストとしてアジア各国を回ったグレッグ・デイビス。京都に在住していた1970年代に監督である坂田雅子と出会い結婚するが、2003年に体の不調を訴え入院したのち約2週間で急逝する。

「夫の死はベトナム戦争で使われた枯葉剤が影響しているのではないか」。坂田はこう思い、枯葉剤の影響を多大に受けたベトナムに向かった。

作品はホーチミン市内の産婦人科「ツーヅー病院」を照らし出す。ここには枯葉剤の被害を受けたベトナムの子どもたちを支援するために設置された「平和村」がある。

©️2022 Masako Sakata

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ