朝鮮労働党中央委員会政治局協議会/初期発病地と拡散ルートの解明結果を討議


朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会政治局は29日、党中央委員会の本部庁舎で協議会を招集した。

金正恩総書記が、協議会を指導した。

金正恩総書記の指導の下、朝鮮労働党中央委員会政治局協議会が行われた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

協議会には、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会の委員と党中央委員会政治局の委員、委員候補が参加し、国家非常防疫司令部の活動家が傍聴した。

政治局はまず、28日現在の伝染病拡散状況に関する国家非常防疫司令部の報告を聴取した。

27日から28日まで全国的に8万9500人余りの発熱患者が新たに発生し、10万6930人余りが全快した。

4月末から5月28日現在まで発生した全国的な発熱患者は累計344万8880人余りであり、94.602%に当たる326万2700人余りが全快したし、5.396%に当たる18万6110人余りが治療を受けている。

地域別伝染病の拡散状況と病気の経過特性、各種の分析資料と医薬品供給活動および治療経験が政治局に報告された。

政治局は、初期発病地と拡散ルートに関する国家的な研究解明の結果を聴取し、当該の問題を討議した。

政治局は、全国的範囲で伝染病の拡散状況が統制、改善されていることについて肯定的に評価し、防疫の初期に積んだ経験をより強固にし、防疫戦況を引き続き安定、向上させていくための問題を討議した。

政治局は、伝染病の拡散状況が安定する形勢に即して防疫の規定と指針を効率的に、迅速に操縦、実施するための問題を審議した。

協議会では、党中央委員会第8期第4回総会が手配した党および国家政策実行状況を中間総括するための実務指導グループの活動状況が通報され、党中央委員会第8期第5回総会の準備に関連する重要問題が討議された。

協議会ではまた、その他の国家事業方向に関する研究、討議が行われた。

(朝鮮新報)