朝鮮のオミクロン感染、安定推移の秘訣


社会主義システムと人民に寄り添うリーダーシップ

新型コロナウイルスの流入と感染拡大は、朝鮮でも「建国以来の大動乱」といわれたが、適切な対策が迅速に行われたことで、他国に比べてオミクロン変異ウイルスの感染状況が短期間で減少に転じ、安定した推移を見せている。社会主義制度の優越性に基づき、防疫の当事者である人民に寄り添ったリーダーシップが発揮されている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ