発熱者は全国的に減少傾向/地域別、年齢別の感染状況


朝鮮で新型コロナウイルス感染症のオミクロン株「BA.2」の感染確認に伴う最大非常防疫システム稼働(12日)後、感染状況は39万2920余人の発熱者が発生した15日(14日18時から24時間)に最高値を記録したが、23日現在は減少傾向で推移している。朝鮮メディアが伝えた地域別や年齢別などの感染状況について見る。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ