〈ウリマルの泉(우리 말의 샘) 21〉学生祖国訪問団を引率する②(학생조국방문단을 인솔하다)


1998年5月上旬から7月上旬にかけて学生たちと祖国を訪問した。この時の祖国講習と言えば演劇「피줄기(ピッチュルギ)」(血筋)を思い出す。

講習期間、解放山ホテルに滞在していた私たちは、5月15日に講習の一環として軽喜劇「편지(ピョンジ)」(手紙)を観覧した。朝鮮の軽喜劇は、人物の古くて否定的な側面を軽い笑いで批判する演劇で、軽喜劇편지は金正日総書記が満点だと評価された作品である。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ