金正恩総書記が重要兵器システム生産の軍需工場を現地指導


28日発朝鮮中央通信によると金正恩総書記が、重要兵器システムを生産している軍需工場を現地で指導した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の趙甬元組織書記、党中央委員会の金正植、金與正の両副部長、国防科学院部門の指導幹部が同行した。

金正恩総書記が重要兵器システム生産の軍需工場を現地指導した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

金正恩総書記は、軍需工場の革命事績教育室と複数の生産現場を見て回りながら、工場の責任幹部らから工場が最近成し遂げた技術および生産工程の近代化状況と現行の生産実態を具体的に調べた。

金正恩総書記は、工場が党中央委員会第8期第4回総会(2021年12月27~31日)の思想で徹底的に武装し、党決定の実行のために重要兵器の生産で集団的革新と高揚を起こしていることについて高く評価した。

金正恩総書記は、わが武力の近代化と国の国防発展戦略の実現で工場が受け持っている位置と任務がたいへん重要であると述べ、工場をわが国防工業の近代性を象徴するモデル工場に引き続き発展させていくための課題と方途を明らかにした。

金正恩総書記が重要兵器システム生産の軍需工場を現地指導した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

金正恩総書記は、工場の労働者、技術者、活動家と軍検収員が軍需生産で党と革命を守ってきた誇るべきわが国防工業の伝統と歴史を継いで第8回党大会が示した軍需政策と方針を貫徹するための総突撃戦にこぞって奮い立たなければならないと呼びかけた。