〈群馬追悼碑裁判〉2審で市民団体が逆転敗訴/東京高裁【速報】


群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」にある朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑をめぐり、県が設置期間の更新を不許可にしたのは違法だとして、碑を設置した市民団体が、処分の取り消しなどを求めていた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は26日、県側の対応は違法ではないと判断。群馬県による更新不許可処分について違法だと結論づけた1審・前橋地裁判決を覆した。(朝鮮新報)