〈同胞飲食店応援キャンペーン・三重〉焼き手羽居酒屋 かちてば


スパイシーなタレに漬け込んだ「かちてば」は歯ごたえが抜群で深いコクを楽しめる

店舗紹介

近鉄「四日市」駅から徒歩5分に位置する「焼き手羽居酒屋 かちてば」は、2011年にオープン。オーナーを務める金龍植さんは「どうせお店を立ち上げるなら、自分が好きな料理があって、自分が行きたいお店を作りたい」という思いから同店を立ち上げた。焼き手羽は四日市の名物でもある。「四日市の文化を広めたい」という金さんの思いもあった。

当店のイチオシメニューは、三重県産の錦爽鶏を自家製のスパイシーなタレに漬け込んだ焼き手羽「かちてば」だ。歯ごたえが抜群で、鶏本来の旨味と深いコクを楽しめることができ、クセになる一品。焼き手羽はお土産としても大人気で、テイクアウトするお客も多いとか。

店内は1階がカウンター席で、2階は最大14人が着席できる完全個室となっている。個室には大画面のテレビやトランプ、ジェンガなど、大人数で食事を楽しめる工夫を凝らした。

金さんは「食を通じて人々を元気に、幸せにしたいという思いを持ち続けて、今日までやってきた」としながら、「これからも地域密着のお店として、同胞や日本のお客様が楽しんでもらえるお店に築いていきたい」と力を込めた。

基本情報 

店名 : 焼き手羽居酒屋 かちてば

住所510-0087  三重県四日市市西新地10-20

営業時間平日 ・土日祝  18:00~翌4:00 

     新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

定休日 : 

電話番号 : 050-3477-4414

HP:https://kachiteba-yokkaichishi.gorp.jp/

特典:朝鮮新報LINE公式アカウントで配布しているクーポン提示で、ドリンク1杯サービス(アルコール可)

関連サービス


キャンペーンTOPページへ