Facebook

SNSで共有

〈みんなの健康Q&A〉繊維分をしっかり食べて予防を/便秘(下)

新しい便秘薬が処方できるように

Q. 慢性便秘症を合併しやすい基礎疾患について教えてください。

A. 代表的なものとして糖尿病や甲状腺機能低下症があります。この他にも脳卒中後遺症やパーキンソン病といった神経疾患での消化管運動低下や腹圧不十分により便秘になることがよく知られています。

糖尿病においては、合併する神経障害や糖尿病治療薬そのもの、また心理的因子などが便秘関連因子としてあげられます。とりわけ、糖尿病進行による自律神経障害および視力低下がもたらす消化管蠕動運動の減弱が原因として大きな位置を占めています。

糖尿病に限らず、食事制限の際に食物繊維の摂取量が減少することで便秘を誘発する可能性があります。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)