Facebook

SNSで共有

即戦力を育てる/朝大保育科の価値を考える

実技発表会のオープニング「昆虫体操」

学齢前の子どもたちの健全な成長発達を担う専門職、保育士。

現在、保育士となるためには、(1)都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。または、(2)保育士試験に合格することが必須となるが、そのほとんどは、(1)の過程を経て、晴れて保育士資格を取得。(1)の場合、高校卒業後、「指定保育士養成施設」とされる大学や短大の関連学科に入学し、専門科目を履修・卒業することで、2の試験を受けなくとも、無事に卒業さえすれば、自動的に国家資格がついてくる仕組みになっている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)