Facebook

SNSで共有

“勝算が確固たる闘争”/労働新聞社説

労働新聞3日付は、「党創建75周年を迎える今年、正面突破戦で革命的大進軍の歩みを大きく踏み出そう」と題した社説を掲載した。

社説は昨年12月28~31日に行われた党中央委員会第7期第5期総会の内容を解説。金正恩委員長が行った総会の報告について「革命の前進途上で直面した主・客観的な障害と難関を全面的に深く分析・評価し、社会主義建設をさらに促進するための決定的対策を明示した不滅の大綱領である」と位置付けた。

社説は、総会の基本思想、基本精神は

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)