〈幼保無償化〉尊厳の冒涜、看過できない/朝鮮幼稚園にも「幼保無償化」適用を! 11.11京都緊急集会


会場は300人を超える参加者たちでいっぱいとなった

「朝鮮幼稚園にも『幼保無償化』適用を! 11.11京都緊急集会」(主催=「幼保無償化適用を求める京都朝鮮幼稚園保護者連絡会」(以下、「京都連絡会」、共催=「朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(こっぽんおり)」)が11日、京都市内で行われた。会場には300人を超える同胞、日本市民たちがつめかけた。

集会では、はじめに、幼保無償化制度の概要や、各種学校除外の理由などについて、玄政和弁護士が解説した。玄弁護士は、現在日本政府が朝鮮幼稚園除外の理由にあげる①多種多様な教育を行っていること、②児童福祉法上、認可外保育施設に該当しないという2点について、「(各種学校が)多種多様な教育を行っていることと、幼保無償化制度の趣旨はそもそも関係ない。つまり多種多様な教育を行うことが、日本政府が支援を行わなくてもよいという理由にはならない」と指摘。第2の理由についても「認可外保育施設に該当しないとする根拠が不明である」と一蹴した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ