〈インターハイ・ボクシング〉強豪下し4強入り/大阪朝高・梁章太選手


1日に行われた「全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)ボクシング競技(7月29日~8月3日、宮崎市総合体育館)ウェルター級準々決勝で大阪朝高の梁章太選手(3年)が3-2(30-27、29-28、29-28、28-29、28-29)の判定勝ちで4強入りを果たした。昨年のインターハイ2位の実力者を倒したことで「優勝が見えてきた」(梁選手)。会場では、在日本朝鮮人ボクシング協会の梁学哲会長をはじめ大阪朝高ボクシング部の関係者たちが声援を送っていた。

梁選手(右)は1Rに繰り出した渾身の左ストレートでダウンを奪った

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ