Facebook

SNSで共有

“スポーツ交流続けていく”/具志堅幸司学長の言葉

10月23~26日まで初めて朝鮮を訪問した日本体育大学の具志堅幸司学長にその感想や朝鮮とのスポーツ交流に対する思いを聞いた。以下、具志堅学長の言葉。

私は1980年モスクワ五輪の日本代表選手(体操)だった。しかし米国がボイコットして(西側諸国は)出られなかった。こういう体験をしているだけに、スポーツを通じて平和に貢献することが大事だと人一倍認識している。

具志堅幸司学長

とくに隣国とは仲良くしないと。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)