中級部は尼崎、高級部は神戸が優勝/兵庫で在日本朝鮮中高級学校バレーボール選手権


高級部決勝戦(神戸対大阪)

高級部決勝戦(神戸対大阪)

「第22回在日本朝鮮中級学校バレーボール選手権大会」と「第26回在日本朝鮮高級学校バレーボール選手権大会」が5月14日と15日の両日、兵庫県立総合体育館で行われた。

女子のみの試合となった今大会には、中級部部門に4校(5チーム)が、高級部部門に4校が出場。選手、保護者、学校関係者、大会関係者ら、延べ300余人が参加した。

今大会は、中等教育実施70周年を記念して行われた。

14日の開会式では、在日本朝鮮人バレーボール協会の崔敏夫顧問が開会のあいさつを、総聯兵庫県本部の金一道宣伝文化部長が祝賀のあいさつをした。

彼らは、各地の各界各層の同胞たちが民族教育の発展のために奮闘していることに触れながら、選手たちは磨いてきた技術をいかんなく発揮し、同胞、保護者たちに力を与えられるよう、競技に臨むことを期待すると述べた。

続いて、神戸朝高の辛善珠主将が選手宣誓。朝鮮学生としての矜持をもって、正々堂々と戦うことを誓った。

中級部部門で優勝した尼崎

中級部部門で優勝した尼崎

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ